2017年12月31日

福島発、1月の観光見所(静岡県下、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


南東北(宮城・山形・福島県)の豆知識:

福島県、猪苗代町の自慢の風景に1、中津川渓谷(無数の滝が吾妻山をぬうように流れる)、2、天境台からの眺望(眼下に広がる猪苗代湖を一望)、3、国道49号線から見る猪苗代湖、4、志田浜から見た風景、5、白糸の滝と沼ノ平など。

更新は3日後に、次回は茨城県、千葉県へ

福島発、1月の観光見所(静岡県下へ)

久能山東照宮梅園(JR東海道線清水駅、駿河区根古屋、紅白梅200本)といちご狩り日本平梅園(駿河区池田、紅白梅300本等)、椿の里(JR東静岡駅、駿河区池田、椿と冬ボタン等) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「浅間神社」は、第7代孝霊天皇の頃富士山が大噴火、それを鎮めるため浅間大神(アサマオオカミ)をお祀りしたのが始まり。全国にある浅間神社の起源。祭神のアサマノオオカミ(主祭神)はオオヤマヅミノカミ(相殿神)の子・コノハナノサクヤヒメノミコト(主祭神)と天照大神の孫・ニニギノミコト(相殿神)の間に生まれた子。家庭円満、安産、子安、火難消除、農業、漁業、機械の守護神。

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報(特徴比較等)

福島発、1月の観光見所(山梨県へ)

武田信玄史跡巡りいちご狩り(JR中央線甲府駅、武田神社円光院信玄公墓所積翠寺・要害城跡等)、護国会館(拝、食)、

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「恵林寺」明王殿の不動明王は、大日如来の変身で、全ての悪魔を降伏させるために「怒り」を身に表したものといわれ、左手の縄で「煩悩をしばり」、右手の剣で「煩悩を断つ」といわれます。盤石の下の清らかな水の流れは、人々の悩みを洗い流すという状態を指す。武田信玄公の菩提寺。交通安全、災難よけ、厄除け、家内安全など。

2017年12月23日

山形発、1月の観光見所(神奈川県、伊豆へ)、旅行吉日と記念日等 


南東北(宮城・山形・福島県)の豆知識:

山形県の発祥の地として1、学校給食(鶴岡市)、2、居合道(村山市)、3、国民健康保険(戸沢村)、4、日本農業電化・かんがい電力揚水(鶴岡市)、5、サテライト型工場配置方式(村山市)など。

更新は3日後に、次回は静岡県下、山梨県へ

山形発、1月の観光見所(神奈川県へ)

城ヶ島公園(京浜急行線三崎口駅、三浦市、八重咲きの水仙10万株)、京急油壺マリンパーク江の島弁財天(小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「報国寺」の本尊・釈迦如来と「瑞泉寺」の本尊・釈迦牟尼仏は同意語。「如来」は真理から来れるもの、「牟尼仏」はその真理をさとれるものといわれます。歴史的実在の人物は釈迦尊一人だけ。他の如来(阿弥陀如来、薬師如来等)は釈迦尊の真理(世の中には偶然はない、すべて必然であるの教え)の内容を一般の人々に把握させるため、仏像や菩薩、観音像等の姿、形に表された物といわれます。交通安全、災難よけ、厄除け、家内安全など。

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報(特徴比較等)/span>

山形発、1月の観光見所(伊豆へ)

沼津御用邸記念公園(JR東海道線沼津駅、梅140本、椿300本とローバイ、水仙等)、大瀬崎のビャクシン樹林(JR東海道線沼津駅、国指定天然記念物)と大瀬崎散策(富士山の眺望)、海産物(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「伊豆山神社」創立は、人皇5代考昭天皇の頃と伝えられ、延喜式神名帳にも火牟須比命(ヒムスビノミコト)神社が当社の事とされ、源頼朝が源氏再興を祈願し、関八州鎮護、関東一円の守護神にされたそうです。境内に楡の木があり、この葉を所持すれば願い事かなうと言われ、男女の中を結ぶほか、交通安全、災難よけ、入学成就の守り神として崇敬されています。

2017年12月19日

仙台発、1月の観光見所(長野県、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


南東北(宮城・山形・福島県)の豆知識:

宮城県旧河南町(現石巻市の一部・合併)の日本一と称するものに4、日本一うまいササニシキの産地。自慢の風景に4、県立自然公園旭山からの眺望、2、田園風景、3、旧北上川天王橋からの夕景。自慢の音に4、水稲の葉が風にそよぐ音など。

更新は3日後に、次回は神奈川県、伊豆へ

仙台発、1月の観光見所(長野県へ)

諏訪大社(JR中央本線茅野駅、全国1万余社の総本社)、SUWAガラスの里・ルネラリック美術館(JR中央本線上諏訪駅)、片倉館(入浴)、( いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「諏訪大社」の祭神はタケミナカタノカミ。オオクニヌシノミコトとヤサカトメノミコトとの間に生まれた子。兄はコトシロヌシノカミ。水に関係することから湖の神、海の守り神として湖畔や港近くに祀られることが多い。また東国一の戦神として武家の守り神、さらに農業の神としての信仰も多い。

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報(特徴比較等)

仙台発、1月の観光見所(山梨県へ)

武田信玄史跡巡りいちご狩り(JR中央線甲府駅、武田神社円光院信玄公墓所積翠寺・要害城跡等)、護国会館(拝、食)、

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「恵林寺」明王殿の不動明王は、大日如来の変身で、全ての悪魔を降伏させるために「怒り」を身に表したものといわれ、左手の縄で「煩悩をしばり」、右手の剣で「煩悩を断つ」といわれます。盤石の下の清らかな水の流れは、人々の悩みを洗い流すという状態を指す。武田信玄公の菩提寺。交通安全、災難よけ、厄除け、家内安全など。

2017年12月16日

福島発、1月の観光見所(栃木県、群馬県へ)、旅行吉日と記念日等 


南東北(宮城・山形・福島県)の豆知識:

福島県、磐梯町のいわれ。磐梯山は古くより神々の山、天にかかる磐<いわ>の梯<はしご>とされ、人々にあがめられていた。これがやがて山の名となり、村(町)の名前の由来になったとされる。

更新は3日後に、次回は長野県、山梨県へ

福島発、1月の観光見所(栃木県へ)

四季の森星野(JR東北本線小山駅、三峰山東斜面、ローバイ、セツブンソウ、マンサク)、太平山神社花の寺・清水寺(東武日光線栃木駅、太平町西山田、日本水仙の群落等)、いちご狩り 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「春日岡山惣宗官寺」(別名、佐野厄除け大師)は、厄除け元三慈恵大師様が如意輪観音を安置し、大師が観音様の御化身と言われたのが始まり。如意輪観音の如意は「思いのまま」を、輪は「始と終わりのない無限」を表し、厄から吉運へ吉運から厄へとこだわりなく回転していく自由自在を表しているそうです。厄除け、身体安全など。正月大祭には約100万人の参拝客があります。

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報(特徴比較等)

福島発、1月の観光見所(群馬県へ)

(初詣)少林山達磨寺(JR高崎駅、縁起だるま)、新井ろうばい園(JR信越線西松井田駅、安中市)、群馬フラワーハイランド(秋間梅園西北2km、寒紅梅600本)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「少林山達磨寺」(曹洞宗寿昌派で開創のち黄檗宗に改宗)は1680年に一了居士行者が霊木で達磨大師座禅像を彫刻し祀ったのが始まり。達磨大師は禅宗の祖とされ6世紀頃の人。インドに生まれ中国にわたり宗山少林寺で9年間座禅を組み(面壁9年の不屈、足が腐ってしまった俗説で、あのユーモラスなだるま人形を生んだといわれる)悟りに達した人。七転び八起き、不屈の精神、目標貫徹、必勝祈願に願かける参拝人が多い。

2017年12月12日

山形発、1月の観光見所(東京都、埼玉県へ)、旅行吉日と記念日等 


南東北(宮城・山形・福島県)の豆知識:

山形県、山辺町のいわれ。承平年間(931年〜946年)に編集された「倭名類聚抄」に、当時の地方制度上の呼称では、出羽国最上郡山辺郷であったことが初めて出てくるが、山の縁辺・ほとりの意が町名の由来と考えられている。

更新は3日後に、次回は栃木県、群馬県へ

山形発、1月の観光見所(東京都へ)

六義園(JR山手線駒込駅、文京区、ローバイ、椿)、浜離宮恩賜庭園(JR山手線新橋駅、中央区、梅、ローバイ、桜)、アーバンドッグららぽーと豊洲(江東区) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で西新井大師のいわれ。弘法大師が関東巡礼の折、悪病に悩む村人達を救わんと十一面観音像を作り、21日間祈祷、すると枯れ井戸から水が湧き出し、飲み、病が治ったと伝えられ、その井戸がお堂の西側にあった事から「西新井」の地名が出来たといわれます。十一面観音様は東西南北と東南、東北、西南、西北の8つに、天と地の上下2つにプラス自己で十一面を表し、方角を守っているそうです。

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報(特徴比較等)

山形発、1月の観光見所(埼玉県へ)

花の寺・全徳寺(西武池袋線小手指駅、所沢市、ローバイ等)、小江戸川越散策(東武東上線川越駅、喜多院、仙波東照宮、川越城跡・本丸御殿)、花の寺・圓通寺(川島町、水仙等)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  1月の観光コース  2月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
初詣で「宝登山神社」の祭神はカンヤマトイワレヒコノミコト(わが国を始められた神武天皇)とオオヤマヅミノカミ、ホムスビノカミが祀られ火災盗難除け、家内安全、交通安全、商売繁盛、金運招福などの御神徳があるといわれます。

2017年12月03日

仙台発、12月の観光見所(茨城県、千葉県へ)、旅行吉日と記念日等 


南東北(宮城・山形・福島県)の豆知識:

宮城県・岩沼市の歴史上の人物に1、弘法大師(弘法大師堂を建立、弘法大師伝説も伝わっている)、2、小野篁<おののたかむら>(伏見稲荷の分霊を当地に勧請、竹駒神社の創健者)、3、三条小鍛治宗近(刀工、名水の流れる当地で刀鍛冶)、4、能因法師(小倉百人一首の一人、竹駒寺を開基)、5、慈覚大師(岩沼最古の寺である岩蔵寺を開基)、6、松尾芭蕉(「奥の細道」で岩沼の武隈の松を句に詠む)、7、源義家(武隈館に陣した際、館を鵜ヶ崎城と名づける)など。

更新は3日後に、次回は東京都、埼玉県へ

仙台発、12月の観光見所(茨城県へ)

筑波実験植物園(JR常磐線ひたち野うしく駅、世界主要植物3000種、温室)、トウカエデ並木道牛久シャトーカミヤ(JR常磐線牛久駅)、つくばエキスポセンター等

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
茨城・土浦市のいわれ。最も有力視されているのは、地形から考えられたもので、「浦」すなわち「波静かな入り海」に、桜川が運んだ土砂が堆積して「土浦」になったという説のようです。

12月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

仙台発、12月の観光見所(千葉県へ)

館山ファミリーパーク(JR内房線館山駅、ポピー、金魚草)、南房パラダイスとアロハガーデンたてやま東京湾フエリー(JR内房線浜金谷駅)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
千葉・旧富浦町(現南房総市富浦)の特産品には1、ビワ(千葉県の70%以上を生産)、2、ビワの加工品・缶詰・ジャム等、3、房州うちわなど。