2018年05月12日

山形発、6月の観光見所(東京都、埼玉県へ)、旅行吉日と記念日等 


南東北(宮城・山形・福島県)の豆知識:

山形県名の由来。和銅5年(712年)に出羽の国が成立し、平安時代中頃に書かれた「和名類聚抄」という書で、山方<やまがた>郷とあり、明治4年の廃藩置県の後、合併により明治9年、山形県が誕生した。

更新は3日後に、次回は栃木県、群馬県へ

山形発、6月の観光見所(東京都へ)

殿ヶ谷戸庭園(JR中央線国分寺駅、アジサイ)とグランデユオ立川町田薬師池公園/四季彩の杜(小田急町田駅)、(いちご、梅狩り)

 行き方はこちらへ
 コース観光地名を道順に見学、四季(春、夏、秋、冬)の観光旅行orドライブ気分も味わえます
  6月の観光コース  7月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
東京・昭島市の歴史上の人物に1、武田信玄(1569年に滝山城主北条氏照を攻めるとき拝島の森を本陣とした)、2、太田南畝(拝島村龍津寺に来て漢詩を作る)、3、不老軒宇多々(江戸時代後期に読本・小説「月迺野露草雙紙(つきののつゆくさぞうし)」を著した、など。

6月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

山形発、6月の観光見所(埼玉県へ)

久喜市菖蒲地区のあやめ・ラベンダー(JR高崎線桶川駅、菖蒲支所庁舎周辺)、氷川神社(JR大宮駅)、さいたま市立博物館

 行き方はこちらへ
 コース観光地名を道順に見学、四季(春、夏、秋、冬)の観光旅行orドライブ気分も味わえます
  6月の観光コース  7月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)埼玉・菖蒲町とゆかりのある故人に1、本多静六(明治・大正期の日本で初めての林学博士)、2、深沢七郎(作家)、3、歴史上の人物で菊池菊城(江戸時代末期の儒学者で渋沢栄一の師匠)。